読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

本日、帰国します 【代理人投稿】

第57次日本南極地域観測隊は2015年12月2日に成田を出発し全行程を終え、2017年3月23日、本日帰国します。

あたりまえと言われればそれまでですが、生きて再会できることがなによりうれしいです。

代理人はお迎えに行ってまいります。

第57次越冬隊と第58次夏隊と関係者のみなさん、空港でお逢いしましょう!

シドニー第二日 (代理人更新)

乗り物より景色より歩くことが楽しいようですね。

しらせに1か月以上乗ったし、南極では絶景を1年以上眺めたし、じゅうぶん堪能(お腹いっぱい!?)したから、できなかったことをしたいという人間の真理がよくあらわれていますね。

 

代理人だったら、絶対にお買い物だなぁ~。

 

・・・・・・・・・・・・

シドニー二日目は、朝から白瀬矗の一行がキャンプしていたParsley bay beachに出かけました。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

ここについては、ちょっとゆっくり考えたいので、帰国後に記事をupします。しばらくお待ち下さい。

 

Parsley bay beachからはバスに乗ってWatsons Bayに出て、South Headという岬まで歩きました。
途中、波の打ち寄せるThe Gapという断崖絶壁があり、

f:id:nankyoku_30nin:20170321163028j:plain

South Headにはちんまりとした灯台の向こうにシドニーの街が見えました。

f:id:nankyoku_30nin:20170321163053j:plain

どちらもいい景色でしたが、それよりも森の小道を歩いて行く時間が楽しかったです。

f:id:nankyoku_30nin:20170321163110j:plain

ときどき温かい雨がぱらつきましたが、それもまた懐かしい感じがしました。

ゆっくりと散歩を堪能したあと、Doyles on the beachというレストランでフィッシュアンドチップスをお昼ごはんにいただいて、フェリーに乗って街に戻りました。

シドニー第一日 (代理人更新)

ご本人、しらせを降りて文明社会を満喫していますね。

気分は上々のようです。

代理人はご本人の受け入れ準備を進めていますよ。リストをつくってひとつひとつこなしています。心躍りながら仕事をしているという感覚です。

 

・・・・・・・・・・・・

 

さて、無事にシドニーに入港して、まずはオーストラリアへの入国手続き。入国管理官が「しらせ」に乗り込んできて、パスポートと入国カードのチェックを受けます。旅行代理店のスタッフによる今後の日程の説明が午後1時前に終わりました。free-wifiをめざして(?)待ちかねたように外出する若い人たちもいました。わたしはちゃんとした服に着替えて午後2時くらいに出発。


まず、コメントでお薦めいただいていたMrs. Macquarie's Chairに歩いていきました。ここでの景色もすばらしいものでしたが、歩いて行く途中の気分がなんとも言えなかったです。

f:id:nankyoku_30nin:20170321000426j:plain

木々の間を吹いてくる風は、気持ちのよいものですなあ。同じような風の強さでも、南極の風より柔らかく感じます。

 

植物園を抜けて、オペラハウスに行ったあと、本屋さんやスーパーに立ち寄りながら、てくてくと南下していきました。ひさしぶりの街歩きが楽しくて、この日は2万5千歩以上、歩きました。

 

夜7時前に、お目当てのパブに到着。ジャズ生演奏は8時半から1時間ほど。ピアノ、ベース、ドラムのトリオでした。

f:id:nankyoku_30nin:20170321000451j:plain


超一流の演奏とは言えませんが、それでもやっぱりライブはいいですね。さいわいお天気がよくて、都会を堪能できた一日でした。

シドニー入港目前 (代理人更新)

シドニーサマータイムなんですね。

本日しらせは文明社会に到着です。

お疲れさま!

 

・・・・・・・・・・・・

シドニーは夏時間で、日本より2時間先行になりました。
午前6時過ぎ、肉眼では街の灯が見えましたが、写真ではどうでしょうか。

f:id:nankyoku_30nin:20170320105534j:plain


水平線のうえ、中央より少し左よりです。

艦橋も緊張しています。

f:id:nankyoku_30nin:20170320105553j:plain


あと2時間足らずでシドニー港に入って、入国審査官が乗り込んできて、午前10時から入国審査の予定です。
船でお昼ごはんを食べてから、街に繰り出します。

「しらせ」のごはん  (代理人更新)

しらせの中でご飯を食べるのもあと一日です。

本日は「しらせ」ごはんをふりかえります。

明日シドニー入港、23日に帰国予定です。

 

こんなことを書ける日が来るなんて、代理人は・・・なんて泣いたりしません。

着々と進めている準備の追いこみです。

なにせ、家のなかはご本人のものをほぼほぼ撤去していましたから。スペースの確保とご本人の生活物資の購入と、あとは何をすればいいのだろう?ない頭をフル回転させています。

ご本人の帰国=どこかの星から宇宙人がやってくる感覚です。

 

・・・・・・・・・・・・

 

暴風圏を抜けて、「しらせ」での航海ももうすぐ終わりです。
「しらせ」のごはんを紹介します。2月に定番メニューをupしましたが、

nankyoku-30nin.hatenablog.com


それ以外の、朝、昼、晩ごはんをひとつずつ。

朝ごはんは、ごはんとお味噌汁、それに納豆とか赤いソーセージとかひとつ。あとはお漬物です。金曜日の朝は写真のように焼き鮭がつきます。

f:id:nankyoku_30nin:20170318065628j:plain

 

お昼ごはん。ポークピカタ、パスタ、煮物、山芋。キャベツやスライスオニオンをたくさん食べられるのがうれしい。

f:id:nankyoku_30nin:20170318065645j:plain

 

お昼は肉、夜は魚をメインにすることが多いような気がします。この日はサンマの塩焼き。お魚が苦手な外国の方のために、鶏のあんかけ、小エビ、ビーフンなどサイドメニューが充実。

f:id:nankyoku_30nin:20170318065705j:plain

 

たくさんの人が短い食事時間で食べるので、麺類を出すのは難しいようです。ときどきパスタや蕎麦が出てきますが、茹でたてあつあつ、というわけにはいかない。
「ラーメン食べたい!」という声をよく聞きます。

シドニーに着いたら (代理人更新)

しらせが文明社会の一歩手前までやってまいりました。 

本当にもうすぐです。

シドニーに着いたら、お財布を持ってほしいものが買えるようになりますよ。しらせと雪上車以外の乗り物で好きな所に行けますよ。生ビールも飲めますよ。

インターネットもつながりますよ!!!

 

代理人も着々と準備をしています。ご本人のお箸もタオルも歯ブラシも買いました。

まだシャツとパンツと靴下とパジャマを買っていないので、予定より早く帰ってきたら困りますけどね。

 

・・・・・・・・・・・・

 

そろそろ、シドニーに着いたらどこに行く?という会話が増えてきました。予定では、3月20日に入港。オーストラリア入国手続きのあと、お昼ごろには外に出られるみたいです。中1日おいて、22日の夕方には「しらせ」から空港に向かいます。月曜日から水曜日の滞在なので、スポーツイベントなんかはあまりないのですね。競馬場に行って大勝ちしてファーストクラスで帰る、という計画は実現できないようです。

 

わたしがシドニーで行きたいと思っているところは二つ。
一つはParsley bay beach。百年以上前に白瀬矗の一行がキャンプしていたところです。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

白瀬隊は、最初の年は出発が遅れたこともあって南極大陸へ上陸できず、引き返して1911年5月から11月までテント生活をしていました。どうやら「勝手に住みついた」ようで、地元の方との軋轢もあったようです(そりゃそうだ)。
シドニーの東の郊外の、海岸の公園に、記念碑が建っているそうです。

 

二つ目は、パブでライブを聴きたい。
昭和基地でネットが繋がるうちに調べたところ、地元のジャズバンドが出ている飲み屋があるようなので、行ってみようと思っています。現地情報で気が変わるかもしれませんが、生演奏を聴きながらオーストラリアビールを呑みたいですね。
越冬隊員が財布を忘れて出かけてしまった、という話をよく聞くので気をつけないと。

最後の(?)試練 (代理人更新)

暴風圏の揺れ、イメージしただけで目まいが・・・。

これを抜けたら、文明社会に到着ですよ。

南極観測隊としらせ自衛官以外の人間に逢えますよ。1年以上人里離れたところにいて、都市をみるってどんな気持ちなのでしょう?

街に出るときはお財布を忘れずに。盗まれないように警戒心も必要ですよ。

 

・・・・・・・・・・・・

 

「しらせ」が北上をしています。船で南極に行くとき、帰るときは、常に強風と高波にさらされている暴風圏を通過します。
絶え間なく進行方向タテヨコにゆらゆらと揺らされ、ときどき"どーん"という鈍い音がして、船ががくんと落ちる感じが味わえます。私は、あまり気分が悪くなったりはしないのですが、食事の後はおなかが落ち着くまでベッドに横になっています。そのままうたた寝してしまうこともありますが、これも船酔いの症状に違いない。
いや、まあ、単にナマケモノであるから、かもしれませんが、ご飯も食べられず部屋で息を潜めている人たちにくらべれば、ありがたいことです。

f:id:nankyoku_30nin:20170315050515j:plain

この写真は海面から20メートル以上(5階建てのビルくらい)の高さの甲板から撮ったのですが、直後に波しぶきをかぶってメガネが曇って、前が見えなくなりました。

暴風圏を抜けたら、シドニーは目の前です。