世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

映画評・書評

続・越冬隊と映画「オデッセイ」 (代理人更新)

ご本人、映画「オデッセイ」を観たんだぁ。代理人が観てから1年がたったんだぁ。そして、もうすぐご本人が帰ってくるんだぁ。あ~、やっぱり長かった。。。と代理人は感慨にふけてしまいましたよ。 それにしても、南極に行った人にしかわからない感想ではな…

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』 【代理人投稿】

みなさんの2017年の春は何が待っているのでしょうか? 代理人にとっては第57次越冬隊の帰国で、ご本人から南極の話を聞くことを楽しみにしているのですが、一足先にドラえもん達が南極へ行ってきて、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が公開さ…

【書評】南極記  南極探検後援会 (編集)

1912年、いまから百年以上前に、 白瀬矗(しらせのぶ)をリーダーとする南極探検隊が南極大陸に上陸しました。その「公式記録」です。初版発行が大正2年(1913年)、復刻は昭和59年(1984年)。本文468ページの大著です。ちなみに、領価2万5千円、amazonで…

【書評】コスモス カール・セーガン(著)

先に読んだ「石橋を叩けば渡れない」を返しに行ったら、懐かしい本が目につきました。私を南極に連れてきた、と言ってもいい本です。 www.amazon.co.jp はじめて読んだのは高校一年生の時。英語と数学が全然できなくて、文系でも理系でも苦労しそうだなあ、…

【書評】石橋を叩けば渡れない 西堀 栄三郎 (著)

昭和基地の図書室は、食堂の他にもいくつかあります。ここは食堂から近い庶務室の書架。本格的なスライド書棚に過去の観測隊報告や学術誌がおさめられています。 その向かい側には、極地関係の本の他に、小説、池上彰さんの解説本など、食堂の本棚よりも幅広…

【書評】南極越冬日記 中野 征紀 著

第一次日本南極地域観測隊長の「南極越冬記」を読んで、「立派な人の指揮下にいるのは大変だろうなあ」という感想を持ったのですが、その指揮下にいた人の手記が食堂書架にありました。 amazonでは2016年3月26日現在で「中古品の出品:1点、8750円」です。昭…

【書評】宇宙主夫日記 山崎大地著(代理人投稿)

友達とのおしゃべりで「南極観測隊は出発したら、たとえ代理人が死んでも帰ってこないんだよ~」と力説しても、相手はぴんとこないようで、「まぁまぁ」とたしなめられてしまうことが多く、腑に落ちない代理人です。 確かに、ご本人が越冬中に死ぬ可能性は限…

【書評】南極越冬記 西堀 栄三郎 著

昭和基地の食堂には、日本でもっとも南の図書室 として紹介された書架があります。「国内で出版されている、南極・北極・高山の探検記や越冬記、オーロラやペンギン、雪氷、大気、地学など南極の科学に関する普及書や一般向け学術書がほぼ網羅されています。…

越冬隊と映画「エヴェレスト 神々の山嶺」(代理人投稿)

友人の訃報から1週間、代理人はぼんやりと過ごすことが多かったように思います。 nankyoku-30nin.hatenablog.com 覚悟はしていたけれど、いざ現実となると感情がざわめきますね。 同世代を見送るのはつらい。。。 この場を借りて、旅立った彼へ。 「ありがと…

越冬隊と映画「オデッセイ」(代理人投稿)

第56次越冬隊と第57次夏隊を乗せたしらせが、日本を目指して進みはじめましたね。 第57次越冬隊は日本から直線距離で14,000㎞離れた昭和基地で、30人での暮らしがはじまりましたね。 「30人になってしまった」と代理人が感慨にふけることはありません。出発…