読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

昭和基地に別れを  (代理人更新)

早速、ご本人から記事が送られてきましたぁ! 別れのドラマチックな場面ですら、ご本人淡々としていますね。 もう、次の目標があるのかな?? 過去に縛られない、そんな印象を受けました。 ご本人にとって越冬生活は過去になりましたからね~。 ・・・・・・…

昭和基地での最後のお仕事、とBAR (代理人更新)

ご本人が昭和基地を離れたようです。インターネットがつながらなくなったようです。そのため、出番がまわってきた代理人でございます。 しらせがオーストラリアに戻るまで、ご本人から代理人に記事をメールで送る予定なので、これから1か月以上は代理人更新…

夏宿舎で停滞

2月1日のお昼前には、わたしたち57次隊は第一夏宿舎に移りました。30人の元・越冬隊員のうち、18人はしばらく残って基地の仕事を手伝い、12人は「しらせ」に移動することになっていましたが、強風と雪のためヘリコプターが飛べないため、みんな夏…

参加者から見た越冬交代

平成29年2月1日、57次隊から58次隊への越冬交代式は、風が強くて雪が降ってきたため、管理棟食堂で行われました。 会場設営が終わったところです。 式典では、第57次、第58次越冬隊長挨拶のあと、両方の越冬隊員の名前が読み上げられ、一人ずつ…

越冬交代 ご本人激写される??【代理人投稿】

2月になりました。 恵方巻でにぎわっている日本ですが、南極は重要な重要な一日でありました。 2月1日は、1年間基地で暮らしてきた隊から、これから1年間基地で暮らす隊へバトンを渡す『越冬交代』が行われる日でした。 どうだったのかな?と気になり、代理…

1月のごはん、そして最後の晩餐

1月になると、残りぐあいを気にせずに食材を使える、と調理担当隊員が言ってましたが、越冬交代までになるべく食材を使い切るには、また別の方向の苦労があったとも聞いています。 おひるごはん。ねぎとろ+まぐろ丼とミニ天ぷらうどんとデザート。ミニ、と…

立ち去る者たちは

28日の土曜日には大掃除をしました。 廊下の天井と壁を拭いて、食堂の床にワックスをかけました。 きれいにした廊下に、ダンボール箱やスーツケースなどが並んでいます。40日あまりの帰りの船旅で使うものたちです。 2月1日の越冬交代式のあとは、次に…

なごり雪

29日は朝から風が強く、午後には吹雪になって、外出注意令が出ました。30日の朝には、うっすらと雪が積もっていました。 越冬交代式が行われる一九広場(19次隊が整備したのでこう呼ばれている)も雪化粧。 1月31日に越冬生活を終え、2月1日に越…

TBS報道特集をみました!【代理人投稿】

どーも、ご無沙汰しておりました。代理人です。だんだんブログのアクセス数が増えてきて、はじめましての方もいらっしゃると思います。 ご本人(みなもとやすひろさん)がインターネットにつながらない時期や日本での情報をお伝えする代理人でございます。ご本…

夜が明ける

28日未明、午前2時半ごろの空です。日の出は2時16分なので、水平線には太陽が出ている時間です。 午前3時15分ごろ、レーダーアンテナのむこうにお日さまが顔を出しました。 夜が明けるのを久しぶりに見ました。 このあと、午前6時ごろから風が強く…

TBS報道特集に

今日の午後5時半から、TBS系のテレビ「報道特集」で南極の特集があるそうです。 二酸化炭素やオゾンの観測などが取材されていて、わたしの仕事であるオーロラ関係のトピックは出ないみたいです。夏の取材だと www.tbs.co.jp 曜日のある世界から遠ざかってい…

送別会

27日の夜、58次隊が、わたしたち57次隊の送別会を開いてくださいました。 会場は、基本観測棟。 この夏の作業で、一階の部分ができたたてものです。 nankyoku-30nin.hatenablog.com 室内はこんな感じ。天井が高いのにおどろきました。 室内にはおでん…

海氷に向かって(水を)撃て!

27日の午後、最後の消防訓練がありました。いつものように初期消火に失敗して、ホースを伸ばしてつないで、鎮火して、という訓練のあと、2月から昭和基地の消防を引き受けていただく58次隊員への引継ぎをしました。 ホースから水を出すときには、筒先を…

来た時よりも美しく

26日の午後、車庫の付近での清掃活動がありました。 木くず、プラスチックのかけらなどを拾い集めています。 いまではこうしたごみが屋外に散乱するようなことはまずありませんが、昭和基地60年の歴史をさかのぼると、「野焼き」など今から見れば乱暴な…

残業と残照

23日の午後9時半ごろです。レーダーアンテナの上に雲、その上に青空。 翌24日に工事のための停電があるので、夜のうちにレーダーによる観測を止めに行ってきました。 この日の日没は23時26分。白夜の季節は終わりました。 このアンテナは観測ではな…

レーダーサイトへご一緒に

私たち57次隊の越冬期間はあと一週間。23日の午後は、次に越冬する58次隊への仕事の引継ぎのため、いっしょにレーダーサイトを歩いてきました。 緑のヘルメットが57次、黄色が58次です。アンテナのこわれやすいところなどを説明しています。 代々…

3週間ぶりの休日

22日の日曜日は休日になりました。 ベーカリー係が、最後の活動でパンを焼いてくれました。 冷凍パン生地ではなくて、強力粉からこねて作った焼きたてのパンです。 手作りソーセージと冷たいスープも着いて、大満足のブランチでした。 午後は、喫茶が開店。…

しましま雲

21日の朝、空一面に雲が縞模様を作っていました。 高積雲という雲です。 ときに「地震雲」と言われることがありますが、南極では体に感じる地震は、ほとんどありません。 しましまの雲の下を、今日もヘリコプターが飛んでいきました。

ケルンと旭日旗

基地の主要部から1キロメートルくらい東にはなれたところに、「ふじケルン」があります。二代目の観測船「ふじ」の代に作られたものなのでしょう。ケルンの右に「しらせ」、その向こうは南極大陸です。 昭和基地に「しらせ」が接岸すると、ここに自衛艦旗が…

半分の月が昇る空

18日の夜11時半ごろ、もう寝ようかな、と思ってふと外を見ると、南極大陸の上に月が見えました。 大陸の縁だけが照らされています。 この時の太陽の高さは角度にして1.3度くらい。地平線ギリギリです。 お日さまは、巻雲をオレンジ色に染めていました。 夕焼…

散歩しながら越冬を振り返る

ひさしぶりにいいお天気になりました。ばんごはんのあと、午後8時半くらいから基地の周辺の散歩に出かけました。 氷の海の向こうに見えるのはラングホブデの山。海氷はいたるところで割れたり盛り上がったりしています。11月末に出かけてきたところですが…

ドラえもんと南極(追記あり)

1月29日(日)は、第一次日本南極地域観測隊の西オングル島上陸60周年になります。 昭和基地でも記念式典が行われますが、昨年12月に昭和基地に来た58次隊が対応するとのことで、越冬最終盤の私たち57次隊は、とくになにもしないみたいです。*1 で…

最後の当直

越冬交代まであと半月、16日はわたしの最後の当直でした。ごはんの支度、基地内のそうじ、ごみすてなど、隊員が生活していくための「家事」ををする当番です。建物の中を行ったり来たり。この日は2万歩以上、歩きました。 せっかくなので、掃除の様子を撮…

低気圧が居座る

昭和基地に低気圧が接近していて、3日ほど風の強い日がつづきました。 基本観測棟工事現場の吹き流しがたなびいていますね。クレーン作業は中止です。 雪は降らなかったので、ふぶきで前が見えない、という状況にはならなかったのですが、58次隊員には南…

早寝早起き朝ごはん

昭和基地の朝ごはんはバイキング形式。今の時期は、朝7時から朝ごはんのおかずが並んでいます。 パンも毎朝、焼き立てをいただけます。この日はホットサンドイッチが登場。 越冬隊員で、朝ご飯を欠かさず食べにくる人はだいたい三分の一、10人くらい。 1…

ゴミ屋敷、ではありませんよ

わたしのメインの職場である情報処理棟の様子です。ダンボールの山が築かれております。 「しらせ」で運んできた荷物は、なるべく早く室内に運び込んでおきたい。一方で片付けよりも夏の作業を進めたい。そのため、床に置いておく荷物が多くなってしまいます…

滝の音

インホブデでのお仕事のあと、迎えのヘリコプターが来るまでの間に少し散歩をしてきました。 南極大陸に積もった雪が、押し固められて氷になって流れ落ちてきているところです。 下の方が少し茶色っぽく汚れています。南極の雪にごみやホコリが混じることは…

再挑戦フライト

先月26日、インホブデという地点にヘリコプターで行きましたが、あまりにも風が強くてすぐに帰ってきてしまいました。 nankyoku-30nin.hatenablog.com 残念無念であったのですが、11日に、再挑戦することができました。 前回のフライトから15日。さら…

「2017年にやりたいこと」・3つの”書く”

年が改まって10日あまりですが、昭和基地では2月1日の越冬交代のほうが、断然、節目としての意味が大きいです。言い換えれば、まだ年を越した感じがしない。輸送と残作業に追われる日々は年の瀬に近いものがあります。 そんななかで、私の「2017年にやりた…

白夜の霧

雲海の上に頭を出した山。 …ではなくて、昭和基地の北側にある岩島です。8日の夜11時過ぎ、海に霧が出ていました。 手前に見えるのは雪上車です。氷上輸送も終わって、わたしが昭和基地にいる間は、もう氷の上を走ることはないでしょう。 反対側には、ま…

夏のBARの喧騒

「しらせ」からの作業支援が始まりました。自衛官の方々が交代で昭和基地にやってきて、夏作業を手伝ってくださいます。 彼ら・彼女らが楽しみにしているもののひとつがBAR。大人数のお客さんが入ってくるので、あらかじめ模様替えをしておきました。 ソファ…

南極の燃料事情

7日に「しらせ」から運ばれてきた、リキッドコンテナという液体を入れるコンテナです。 このなかには、寒くなっても使える軽油が入っています。おもに雪上車の燃料に使われます。 軽油に比べると少ないのですが、ガソリンもドラム缶で持ち込まれます。 レギ…

「基本観測棟」工事中

高く延びるクレーン。遠くからでもよく見えます。 「基本観測棟」が工事中です。完成したら、今ある4つの建物(気象棟・地学棟・電離層棟・環境科学棟)を統合することになっています。 57次では土台、58次、59次と夏に建築作業を行って、2018年2月に完成す…

混雑する通信室

午後8時をすぎると、それほど広くはない通信室が 足の踏み場もないくらい混雑します。 午後8時から、昭和基地の外で活動をしているグループとの「定時交信」が行われるため、観測や作業の進捗状況を聞いたり、基地からアドバイスしたりするために人が集ま…

発電機分解中

昭和基地の電力を支える発電機のオーバーホール作業が始まりました。2台ある発電機のうち、左側のもの(写真中央の、うすいシートがかけられたもの)が分解されています。 ばらした部品はきれいに並べられていました。掃除して、もう一度組み立てられます。…

ちいさいヘリコプター

赤と白に塗られた、小さいヘリコプター。 これは南極観測隊がチャーターしているHelicopter resource 社のヘリコプターです。自衛隊のヘリコプターとはずいぶん雰囲気が違います。 3日から6日にかけて、西オングル島へ飛ぶ仕事がありました。 nankyoku-30n…

白いドームと銀の箱

元日の午後のひととき。白い三角がいっぱい。 組み合わせていくと…。 1時間足らずで、白いドームができました。8年まえ、50次隊に参加していた、極地建築家の村上祐資さんが設計した”ダレデモドーム”です。 ときどきこのブログに記事を書く"代理人"が村…

お正月のごはん

大晦日の夕方にお餅つきをしました。つきたてのお餅は美味しそうでしたが、元日のお雑煮のため、つまみ食いはがまん。 夜12時前には年越しそばが出ました。 共同通信とRKB毎日放送(TBS系)の記者さんが年越しの取材に来ていました。で、TBSのニュースに出…

昭和基地の年こし

あけましておめでとうございます。 日本との時差6時間の昭和基地でもお正月を迎えました。 除夜の鐘。ガスボンベを切ってつくった鐘をついて、煩悩を払います。 ”ガンっ”っていう感じの、余韻のない鐘ではありますが、それでもなんとなく年越しの気分になる…

徹夜で迎える大みそか

30日から31日にかけて、氷上輸送のメンバーに加わりました。氷は同じ厚さでも寒ければ寒いほど丈夫になるので、海氷の上で重いものを運ぶ「氷上輸送」は、気温が下がる夜に実施されます。 お日さまは沈まない白夜のさなかですが、それでも太陽が低いほう…

12月のごはん

2016年もあとわずか。12月のごはんを紹介しましょう。まず、生鮮食料品が届く前のごはんから。 てんぷらうどん・そばと草だんごのおひるごはん。 金曜日のカレーと甘味です。夏の屋外での作業が増えてから、白飯の消費が増えました。 ばんごはん。カレイの…

「しらせ」昭和基地に接岸

南極観測船「しらせ」は基地から10キロメートルあまり離れたところに停泊していました。風向きや昭和基地までの距離などがヘリコプターの飛行に都合の良いところに停めていた、ということらしいです。 この写真は26日、インホブデからの帰りに上空から撮…

ヘリコプターの窓から

26日、インホブデというところへ、無人磁力計の保守作業を行うオペレーションに参加しました。今年のお正月に行ってきた、昭和基地から140キロメートルくらい離れたところです。 nankyoku-30nin.hatenablog.com ここで無人磁力計のメンテナンスをする予定で…

お正月のテレビに出ます

58次隊に同行して昭和基地にお越しになっている、RKB報道部記者の今林さんから取材を受けました。RKB毎日放送で元日午後3時半から放送される、「家族びより」お正月特別番組で紹介されるそうです。(放送エリアは福岡県内です) rkb.jp 11月に家人と娘の取…

すべてを持ち帰るために

帰る日が近づいて、掃除をしているとごみがでてきます。燃やせるものは灰にして持ち帰るため、焼却炉はフル稼働中。 ごみは、基本的にはすべて持ち帰ります。 nankyoku-30nin.hatenablog.com このコンテナに詰まっているふくろには、プラスチック、アルミ缶…

「初荷」を味わう

例年、昭和基地への第一便は「初荷」と書いたダンボールを積んできます。これはセレモニーとして大事なもので、新しい隊の隊長、前の越冬隊長、そして「しらせ」の艦長と並んでの記念写真が撮影されます。 そのあとも「しらせ」ち昭和基地の間をヘリコプター…

「30人の基地」の終わり

12月23日の朝、58次隊員を乗せたヘリコプターが昭和基地に向けて、南極観測船「しらせ」を飛び立ちました。歓迎の横断幕を持って、ヘリポートで待ちます。 ひさしぶりに味わうヘリコプターの轟音と強風と砂ぼこり。 ついに代わりのひとがやってきまし…

一番高い太陽

前の記事の12時間後、太陽が一番高く昇った時の写真です。 水平線からの角度は44度くらい。12月の東京よりも頭上に近いところにお日さまがいます。 太陽の昇らない極夜のころの記事を見ると、半年でこんなにも変わるのか、とあらためて驚きます。 nankyoku-3…

真夜中の太陽

12月21日は、北半球では冬至ですね。 昭和基地では夏至。白夜のさなかで、おひさまは沈みません。午前0時過ぎに、真夜中の太陽を眺めに行きました。 この日、一番太陽が低いときの高度は、角度にして3度弱です。空には薄雲が拡がっていました。 ところ…

昭和基地のクリスマスパーティー

国内ではクリスマスの雰囲気が盛り上がっているころでしょうか。 昭和基地のペンギンさんも赤い帽子をかぶっています。これじゃ前が見えないね。 18日の日曜日、一週間早くクリスマスパーティーが開かれました。 クリスマスのころには58次隊がやってきて…