世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

宙空隊員に応募しよう。

57次隊で募集されていたのは
設営部門は調理、医療、野外観測支援
観測部門は「宙空圏変動のモニタリング」、「気水圏変動のモニタリング」、「地殻圏変動のモニタリング」を担当する隊員です。

私は気象庁地磁気観測所に勤めて、地球の磁気や電気を観測したり研究したりしていました。その仕事が活かせるのは「宙空圏変動のモニタリング」で、前回南極に行った時も、この担当でした。

"宙空"というのは耳慣れない言葉ですが、極地研究所宙空圏グループのホームページによると

高度10km以上の成層圏からはるかに太陽系の惑星間空間まで広大な空の範囲が宙空圏グループの研究対象です。

とされています。「宇宙」と「空」の境目を観測・研究するといえるでしょうか。