世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

訓練:HFレーダーの運用

9月22日から24日に、HFレーダーの運用訓練のため、北海道十勝の陸別町にある名古屋大学のレーダー施設に行ってきました。陸別は日本でいちばん寒い町だそうですが、レーダー施設はさらに郊外の、携帯の電波が届かないようなところです。

f:id:nankyoku_30nin:20150924230620j:plain

レーダータワーの周辺は牧草地で、牛や馬がのんびりと歩いています。

 

今回は、夏の菅平での訓練 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 とは違って、野外でタワーを倒したりはしません。

 

f:id:nankyoku_30nin:20150924230802j:plain

建物の中で、昭和基地にもある機械をどのように世話するか、不幸にして壊れたらどう調べて、治すかを教わりました。

f:id:nankyoku_30nin:20150924230814j:plain

レーダーから出てくる信号をチェックする練習。

f:id:nankyoku_30nin:20150924230824j:plain

壊れたらこの部品を取り替えてね、という訓練。

 

22日の晩ごはんのあと、銀河の森天文台に出かけてきました。口径115cmの大型望遠鏡で見る球状星団M13は、感動モノでしたね。昭和基地も星空は素晴らしいので、楽しみです。