世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

南極行きの荷物・スチコン

ここ一週間ほどは、観測につかう物品のスチコン詰めにかかりっきりです。"スチコン"とはスチールコンテナの略。だいたい家庭用のお風呂の2倍くらいの大きさでしょうか。

f:id:nankyoku_30nin:20151020223605j:plain

大きなビニール袋を敷いて、荷物を詰め込みます。

f:id:nankyoku_30nin:20151020223635j:plain

f:id:nankyoku_30nin:20151020223621j:plain

 

空のコンテナが約110㎏、中身が入ると400㎏を超えますが、詰め込んだ後はこうして重ねることができます。

f:id:nankyoku_30nin:20151020223651j:plain

10月28日に、極地研(立川)から大井ふ頭へのトラック輸送が始まります。梱包作業もいよいよ大詰めです。