世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

パース日本人学校の児童・生徒がしらせを訪問

4日午前、パース日本人学校のお子さん36人、先生10人がしらせ艦内の見学においでになりました。わたしは観測隊員として、こどもたちの質問コーナー回答者として参加。とくにオーロラについての質問を受けることになっていました。オーロラはこどもたちの興味をそそるもののようで、かなり難しい質問を浴びました。小学校1年生にわかるように答えるのは、ほんとに難しい。

f:id:nankyoku_30nin:20151204153011j:plain

見学会のあと、飛行甲板(しらせのヘリコプターが離着陸する広い甲板)でソーラン節を披露していただきました。