世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

艦内のすごしかた・お仕事編(代理人更新)

代理人のもとに原稿と画像が送られてくるようになりました。しらせではインターネットが見られないですからね、メールも厳しく制限されますからね、仕方ない・・・。いや、帰国したら(といっても再来年の3月ですが)、何か買ってもらうことにしましょう。代理人はキラキラとした星よりも、キラキラとしたアクセサリーのほうが好きです。なので、帰国したら(くどいようですが帰国は再来年の3月)、ご本人に「プレゼントは?」とお声かけくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・

【しらせ大学】

f:id:nankyoku_30nin:20151213101612j:plain 

観測隊員がしらせ乗組員の方に、気象・オーロラから建設までいろいろな講義をします。12月11日から4日間、一日に45分が2コマです。 

  

【安全講習】

観測隊員むけに、安全についての講習があります。例えば医療隊員が「南極における医療・応急処置」について教える、といった具合。12月10日からのべ9日間。一日に60分から、長い日は2時間半です。

 

【そのほか夏の作業・観測の打ち合わせ、装備の準備など】

日本からも昭和基地からもメールが来るので、最新情報をもとに、計画を詰めていきます。 

f:id:nankyoku_30nin:20151213102317j:plain

 

【海洋観測】 

もちろん海洋観測は大忙し。担当隊員と有志の隊員が手伝って遂行しております。

f:id:nankyoku_30nin:20151213192841j:plain