世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

野外観測の食料(代理人更新)

やはり、ごはんは大事!のようです。詳しくはご本人の記事をお読みください。

 

・・・・・・・・・・・・ 

南極の夏のあいだは、昭和基地から遠くはなれたところにヘリコプターで行くことができます。わたしは日帰り3回、2泊3日が1回だけですが、10箇所くらいを行ったり来たりする人、一ヶ月以上大陸で氷を掘る人もいます。

もちろん、観測器機材は準備してくるのですが、昭和基地を離れて活動する間の食料は、しらせ船内で配布されます。しらせの食料倉庫から、食材を手渡し(バケツリレー方式)で観測隊公室に集めて、分配します。2時間くらいかかりました。

f:id:nankyoku_30nin:20151218092821j:plain

ご飯が美味しくないと、プロジェクトがすすまなくなります。人間、うまい飯を食っていれば、けんかはしないものですから。たぶん。