世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

医療講習(代理人更新)

人命にかかわる大事な大事な講習です。観測隊のみなさん、けがと事故にお気をつけくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・

南極でけが人がでたら、医師に引き継ぐまでのあいだ、各々の隊員が救急隊員として動くことになります。野外活動のさなかの事故であれば、その場の処置がさらに大事になります。しらせの艦上で2人のドクターから2時間弱、みっちり指導を受けました。

f:id:nankyoku_30nin:20151220211213j:plain

頚椎保護、気道確保、呼吸確認、出欠確認、保温の手順を、交代で負傷者になって確認。

「本人の痛みの訴えよりも、命に直結する問題を優先する」など、この講習が役立つことのないように行動しないといけませんね。