世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

昭和入りを前に(代理人更新)

自宅で一人ホットワインを飲んでいたらグルグルまわってきたので、思いきって一番知りたかったことをご本人に問うてみました(メールで)。そうしたら真摯に答えてくれました(メールで)。

 

・・・・・・・・・・・・

2週間あまり"しらせ"に揺られて、ようやく昭和基地を目前にしました。大きな船に、大勢の人が乗り組んで、何のために南極に来るのか、という根っこのことを、ぼんやりと考えています。

南極観測という大きなプロジェクトとしては、南極でしか見えないモノを見るため、というのが私の中の答えです。では、私自身はなぜやってきたのか。16ヶ月も人里離れて、その間家族にも逢えなくて、そんな状況に自分を追い込んで一体何がしたいのか。

オーロラを見たり、南極大陸に足を踏み入れたり、たのしみにしていることはたくさんあります。しかし、それが最大の目的ではない。

役所を辞めて、二回めの南極を志した一番大きい理由は、南極で仕事をしたい、ということになるでしょうか。緊張感とプライドを持って仕事をしている集団の一員になる、ということ。前に参加した48次隊で体験できたことです。

今回の57次隊も、プロフェッショナルとしての矜持を持った連中であると感じています。そのなかで自分がどのような貢献ができるのか、自問しつつ日々を過ごしていくこと。その先に得られる達成感。これが、普通なら行くことがない場所を再び訪れた理由、だと今の時点では思っています。

 

このあと一ヶ月あまりの夏作業に耐えて、そして2月には世間が30人の基地になります。

安全第一で、任務を全うして、笑顔でお迎えの”しらせ”を迎えられますように