世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

第一夏宿(つづき)

昨日にひきつづき第一夏宿をご紹介。

食堂は第一夏宿にあります。

f:id:nankyoku_30nin:20160104111415j:plain

椅子が充分でないので、食べたらすぐに席を空けるように、との指示が出ています。早食いが顕著になりました。ガソリンスタンドで燃料補給をするような感覚でごはんを食べています。毎日午後7時45分からは、この部屋に全員集合して、ミーティングがあります。

 

食べたら交代で皿洗い。

f:id:nankyoku_30nin:20160104111432j:plain

食洗機もありますが、5人くらいずつで下洗いや拭き上げをします。

 

二階のサロン。ソファがありますが、かなりの年季物です。

f:id:nankyoku_30nin:20160104111527j:plain

この写真の正面奥に無線機があって、しらせや野外旅行隊との連絡を聴くことができます。

居室は二段ベッド向かい合わせの4人部屋です。

f:id:nankyoku_30nin:20160104111706j:plain

今のところ57次越冬隊長、無線担当、機械設備担当など数名が入っているだけで、空室がありますが、もうすぐしらせ乗組員の方たちが泊まりがけで作業支援に入ってくださるので、満室になります。