世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

氷上輸送

昭和基地へは氷上輸送が行われています。雪上車が引く大きなソリにコンテナなど大きな荷物を積んで、しらせと昭和基地の間を輸送するものです。

これは日本に持ち帰る荷物。フォークリフトでコンテナを持ってきて、クレーンでソリに積み込んで、出発。

f:id:nankyoku_30nin:20160110112831j:plain

氷は同じ厚さでも寒いほうが硬くて丈夫になります。なので、氷上輸送は太陽が低くて寒い夜間に行います。
(日の沈まない白夜でも、一日のうちで気温の変化はあります。1月8日は最高気温が午後2時過ぎのプラス2.6度、最低気温が午前0時過ぎで、マイナス3.0度でした。)

 

しらせまで牽いてきました。クレーンで吊り上げて、積み込みます。

f:id:nankyoku_30nin:20160110112954j:plain

雪上車の運転は昭和基地に来て日の浅い57次隊が担当して、基地内の運搬とソリへの積み込みは一年を過ごした56次隊が主に受け持ちます。(私は積み込みの道具の片付けや、雪上車への給油などほんの雑用のお手伝いでした。)

越冬を経験した56次隊の働きは、息があっていて見事でした。我々も一年後にはこんなふうに仕事ができるようになるのかしら。

f:id:nankyoku_30nin:20160110113023j:plain

57次隊のヘルメットはうすみどり色、56次隊はオレンジ色。ひと目でわかるようになっています。