世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

夏の当直のおしごと

観測の引き継ぎ、野外活動、建設作業、輸送などなど、ひとりひとりの仕事は尽きることがありません。でも、仕事と生活を維持するための仕事も確実にあります。

10日、11日は夏宿舎の当直でした。当直は二人で、夏宿舎での生活をなんとか維持するための仕事をします。

まず掃除。お風呂を毎日洗います。

f:id:nankyoku_30nin:20160112113327j:plain

 

ごみの処理。空き缶は機械でつぶしてドラム缶にためて、日本に持ち帰ります。空き缶は、飲んだひとが洗って、アルミとスチールに分けておくのがルール。お行儀が悪いですが、最後の一滴までちゅっと吸うのが南極のマナーです。

f:id:nankyoku_30nin:20160112113435j:plain

 

食事の用意。60人以上のおかずを盛りつけます。

f:id:nankyoku_30nin:20160112113537j:plain

 

そして、第二夏宿舎のションポリの処理も大事な仕事です。汚水処理装置に流し込んで、浄化してもらいます。 

f:id:nankyoku_30nin:20160112113613j:plain

 

※1月12日から14日まで、西オングル島で泊まりがけで出かけてくる予定です。