世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

昭和基地のダム

昭和基地には荒金ダム、というダムがあって、そのダム湖を飲み水やお風呂などの水源にしています。

このダム湖は、一年のうちほとんどは雪に覆われていますが、夏の終わりの雪解けが一番進んだこの時期だけ、湖面を見ることができます。

f:id:nankyoku_30nin:20160128131414j:plain

長さ300メートル、幅100メートルくらいの細長い水たまり+雪の吹きだまりです。ダム湖には水を基地建物にひいてくるためのパイプが通っていて、発電機の熱をパイプから伝えて氷を溶かして、水を取れるようにしています。

ダムの本体は「土手か、桟橋のようなもの」があるらしいのですが、これが見えるほど雪が溶けることは、めったにありません。

雪を湖面に見立てれれば、ダム湖畔の景色に似ているような気もします。

f:id:nankyoku_30nin:20160128132004j:plain