世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

2月1日といえば・・・?(代理人投稿)

2月になりました。

 

第57次日本南極地域観測隊が出発して2か月、ご本人がいないのが日常になりつつあります。2か月たってみて、意外や意外、代理人の体調がいいのです。自己分析をしますと3つの理由があげられます。

ひとつめは、振りまわす人が一人減り、生活リズムがきちんとなったこと。観測隊は出発前に訓練や壮行会が多く、早朝出発や夜間の帰宅ばかりでしたからねぇ。

ふたつめは、部屋をちらかす人が一人減り、イラッとすることが減ったこと。ご本人は置き忘れ名人なので、至るところに物を置いていってしまうのです。もうこれは芸の域です。

みっつめは、目覚めに白湯を飲むようになったこと。朝から身体があったまっていいですね。代理人は自分の劣化を食い止めるため奔走しておりますので、なにかいい情報がありましたら教えてくださいね。

とは言いましても、早く帰ってきてほしいと思っています、と書き記しておきましょう。

どんなことがあろうとも、あと400日以上は帰ってこないので、その生活に自分を適応させようと思っています。

 

さて、前置きが長くなりました。

2月1日と言えば、南極・昭和基地の住人が入れ替わる日です。順当にいけば、本日は越冬交代の日。昭和基地を守る人が第56次隊から第57次隊へと受け継がれる日です。観測隊のみなさんの心境は?知りたいですねぇ。

 

そうそう、ご本人はお元気そうです。

 本日、十勝毎日新聞電子版にご本人が紹介されたので、お知らせします。

kachimai.jp