世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

ケーブルをたどる散歩

梅が咲いた、との便りも聞かれる今日このごろですが、昭和基地は夏の盛りを過ぎました。5日は、基地のケーブルをたどってきました。 

f:id:nankyoku_30nin:20160206140848j:plain

高圧電流が流れる線、データを送る線など、さまざまなケーブルが無造作に地表に転がっています。雪が少ない今の季節でないと、どこに何があるのかわかりません。

このあたりで、除雪作業のブルドーザーが踏んづけて切れた、などと教えてもらいます。極寒期の修復作業はいやですねぇ。

f:id:nankyoku_30nin:20160206140942j:plain

ケーブルが通っているところに旗を立てること、ダンプやブルドーザーを使う隊員に注意するようにお願いすること、強風と粉雪で旗がすり切れていくので点検すること、などを引き継ぎました。

f:id:nankyoku_30nin:20160206141220j:plain

3.3キロメートルくらいを2時間かけて歩きました。よいお天気で、風もなく、気持よいお仕事でした。