世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

さよなら夏の日

56次隊員の一部は、2月1日の越冬交代後も昭和基地の夏宿舎に残って手伝ってくださっています。しかし、どんどん寒く、天気が悪くなるなかで、夏宿舎を維持していくのは難しくなってきました。6日には、56次隊残留者と57次夏隊の一部がしらせにもどりました。

帰る人と見送る人の上に、しらせからのヘリコプターが近づいてきました。

f:id:nankyoku_30nin:20160207045307j:plain

 

夏隊へのメッセージが左、56次越冬隊へのメッセージが右。

f:id:nankyoku_30nin:20160207045530j:plain

お別れの言葉をかわし、握手して、ヘリに乗り込みます。声を詰まらせる隊員も。

 

お別れフライトは、しばらくドアを開けたまま飛んでくれます。ヘリで飛び立つ隊員も、地上に残る隊員も、手を振り続けます。

f:id:nankyoku_30nin:20160207045652j:plain

わたしの仕事である宙空部門の56次隊員も、このヘリでしらせにもどりました。もう、引き継ぎはありません。来年1月末まで、自分たちで観測をつづけなくてはなりません。

56次越冬隊と57次夏隊の昭和基地残留者は、夏宿舎を引き払って、わたしたちが住む居住棟の空き部屋やロッカールームに寝泊まりします。彼ら全員が昭和基地を去って、しらせが帰途につくのは2月15日の予定です。

まだ10日近くありますが、今日で夏が終わった気がしています。