世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

時速90キロの風

 10日は早朝から風雪が強まり、午前には外出注意令、午後には外出禁止になりました。
 この写真は午前10時半頃の外の様子。まだ100メートルくらい先のタンクが見えているのでたいしたことはありません。ほんとに厳しい時には写真を撮ってもまっしろで、なにがなんだかわからない。

f:id:nankyoku_30nin:20160211131918j:plain

 外出禁止になる前の11時40分ごろ、観測機器の保護のために職場である情報処理棟まで行きました。そのころの風速は時速にすると90km以上。粉雪が顔を叩きます。痛いです。
 建物の間に張られたライフロープに沿って歩きます。この写真は昨年末に、天気のいい時に撮ったライフロープです。

f:id:nankyoku_30nin:20160211131948j:plain

 手でライフロープを握って歩いてはいけません。ころんで手を離してしまったら、もうどこにいけばいいのかわからなくなるかもしれません。

 この写真の左側の輪をたすき掛けにして、右側の金具(カラビナ)をライフロープにひっかけて歩きます。

f:id:nankyoku_30nin:20160211132025j:plain

 情報処理棟まで、200メートルくらいの距離が大変に遠く感じました。片道で5分たらずですが、あるいている間に上着のポケットには雪が吹き込んで、ぎっしりつまりました。