世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

世間が30人の基地になりました

2月14日のバレンタインデーに、56次越冬隊、57次夏隊がしらせに帰りました。

f:id:nankyoku_30nin:20160214231233j:plain

お迎えのヘリコプター第一便がやってきた午前9時半の気温は-4.8度、風速13.4メートル、湿度75%。ここで計算すると、体感温度は-25.8度。

f:id:nankyoku_30nin:20160214231316j:plain

3月の冬訓練から、極地研究所の隊員室、しらせ艦内から夏作業まで、人生の中でもとりわけ濃厚な時間をともにした夏隊との別れです。さよならの握手、ハグを交わして見送ります。極寒の中、握手するときは手袋を外して。

f:id:nankyoku_30nin:20160214231341j:plain

いよいよ30人になりました。基地がやけに大きく感じられます。