世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

ふんばるドラム缶たち

氷上輸送で運ばれてきて、荷物を取り出したあとの空っぽのコンテナがきれいに並べられています。

f:id:nankyoku_30nin:20160305050905j:plain

中身を使いきったドラム缶の上に載せて、地面から浮かせることで雪が吹き抜けていくようにしています。昭和基地では、雪は上から降るのではなく、横から吹き付けるものです。たとえば、このコンテナを地面に置くと、風下側に雪が溜まって凍りついて、来年の持ち帰りの時に大変に苦労することになります。

 

もう使わない、持ち帰りを待つトラックもドラム缶のうえに。足が生えたみたいでちょっとユーモラスです。

f:id:nankyoku_30nin:20160305051250j:plain

 

南極に持ち込まれるドラム缶は、国内で普通に使われるものよりも丈夫なものだそうです。5.5トンの雪上車を4つのドラム缶で支えています。

あぶなっかしいようですが、昭和基地では、体に感じる地震は、まずないと言われています。だいじょうぶなのでしょう。

f:id:nankyoku_30nin:20160305051342j:plain

(ちょっとハイキーで撮影してみました。)