世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

赤いオーロラが出た

3月11日の夜、きれいなオーロラが見られました。

f:id:nankyoku_30nin:20160312151514j:plain

目で見てもわかるくらい赤っぽいものでした。昭和基地では珍しいタイプです。

f:id:nankyoku_30nin:20160312151703j:plain

赤いオーロラは、高度500kmぐらいの高いところで酸素原子が光るものだそうです。
デジタルカメラの画像では、このとおり赤茶色のオーロラが細かくひらひらしているような形が見えます。

f:id:nankyoku_30nin:20160312151727j:plain

この3枚は午後11時すぎから10分くらいの間に撮影ったものです。みるみるうちに形を変えていくのがわかります。仕事している建物の屋上で撮りたいのですが、遊びの写真撮影で観測データに影響してはまずい。オーロラが出た方向が開けているところに、カメラと三脚を持ってちょこちょこ移動しています。

この日は午前中は強風、午後から雪で、夜になっても天気はよくならない予報でした。曇りだったら早寝しようかと、半ばあきらめながら観測の準備だけしていましたが、ラッキーでしたね。