世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

古いレンズを新しいカメラに

職場の情報処理棟には、以前に写真観測をしていた頃の名残なのか、使っていない古いレンズがいくつかあります。ためしに自分が持ってきたカメラに付けてみると、ピント合わせや明るさの調整を自分でしないといけませんが、ちゃんと写りました。

19日の早朝、5時前の空です。オーロラは静かだったので、星空を撮影してみました。

さそり座のしっぽのあたりの天の川です。

 f:id:nankyoku_30nin:20160419162453j:plain

 

大マゼラン星雲。

f:id:nankyoku_30nin:20160419162322j:plain

 

以前に天の川とみなみじゅうじ、マゼラン星雲を一枚の写真に収めましたが、アップにするとまた楽しいです。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

小マゼラン星雲。右上のほうに斜めの光が走っているのは、人工衛星によるものです。

f:id:nankyoku_30nin:20160419162403j:plain

 

みなみじゅうじ星の近く、イータ・カリーナと呼ばれる星雲が写っています。

f:id:nankyoku_30nin:20160419162429j:plain

 

 ーーーーー 

 以下、趣味人の方のために、

使ったレンズはNikkor 50mm f/1.2。AI Nikkor 50mm f/1.2Sの前身だと思います。私のカメラNikon D3300はAPS-Cサイズなので、75mm相当です。

絞りは2に設定して、固定撮影で露出時間は10秒。ISO6400で撮影してみました。オリジナルの画像では星が流れているのがわかりますが、おもったより良く写りました。