世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

南極観測隊員はどんな服を着ているのか・ハードな屋外

昨日は建物の間を移動するときの、野外の服装を紹介しましたが、もっと厳しい条件で着ている服を紹介しましょう。基地の外、海氷の上に出て行ったり、屋外で作業するときの服です。

下着も寒冷地用の物をつかいます。

f:id:nankyoku_30nin:20160512060903j:plain

 

その上に着るのはツナギ服がいいです。おなか周りに雪や風が吹き込まない。これ重要。

f:id:nankyoku_30nin:20160512061641j:plain

そのうえにフリースやジャンパーを羽織って、いよいよ羽毛服の出番です。

f:id:nankyoku_30nin:20160512061438j:plain

羽毛服は動きづらいのもやっかいですが、何よりかさばるのが困ります。屋内で作業するために移動するだけなら羽毛服は着ないですませます。あと、雪かきなどの肉体労働なら、すぐにあたたかくなるので、やはり羽毛服はいらないです。

 

さらに顔の周りはネックウオーマーと帽子に加えて、マスクとゴーグル。

f:id:nankyoku_30nin:20160512061409j:plain

ちょっとピンぼけですみません。