世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

「南極教室」屋外ロケ班

26日にも南極教室が予定されていて、25日には国内との通信試験とリハーサルがありました。今回は屋外からの中継担当です。

 

本の学校で午後3時から、昭和基地では朝9時から中継が始まります。24日の昭和基地の日の出は午前11時過ぎなので、まだ暗いです。最初に撮影用のライトを準備します。

f:id:nankyoku_30nin:20160525234528j:plain

 

気温はマイナス8度くらいで暖かい(?)のですが、風は強くて軽い地吹雪になっていました。

f:id:nankyoku_30nin:20160525234555j:plain

 

建物の中から何本もケーブルを出していますが、中継が終わるころは冷えて固くなっています。屋内に引き込んでしばらく温めてから、片付けることになります。

f:id:nankyoku_30nin:20160525234611j:plain

屋外中継の時間は10分程度。それほど長いものではありません。それでも、このコーナーがないと今ひとつ南極らしさがない。暗くて寒い中、大変な作業ですが、こどもたちのためにがんばります。