読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

30人が入れるかまくらを作ろう

雪かきにへとへとになって、さらに自由時間に雪と格闘しなくてもよさそうなものですが・・・かまくら作成を手伝ってきました。

このかまくらは、気象棟の風下側に発達する雪の吹きだまりに穴を開けて作っています。吹き溜まりとは言っても、がちがちに固まっているので、切り目を入れてスコップで掘り崩していきます。

f:id:nankyoku_30nin:20160528075519j:plain

取り出した雪のブロックは、ソリで外へと運び出します。ところどころに「柱」を残すように掘っていきます。

f:id:nankyoku_30nin:20160528075540j:plain

6月1日は気象記念日電波の日昭和基地では、例年この日にあわせて、気象と通信担当が中心になって、越冬隊員30人がかまくらで気勢を上げることになっています。残念ながらわたしは夜勤の予定です。