世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

ミッドウィンター・和食懐石

楽しみにしていた和のディナー。懐石料理です。

前菜各種。烏賊のからすみよごし、なまこ、サーモン黄身寿司など。この時点で日本酒がどんどん進みます。

f:id:nankyoku_30nin:20160625213520j:plain

 

お造り各種。鱧(はも)、鮪(まぐろ)、平貝、烏賊(いか)、焼きうに。雲丹は升酒に合いましたね。

f:id:nankyoku_30nin:20160625213533j:plain

 

煮物です。海老黄身煮、高野豆腐、オクラ。

f:id:nankyoku_30nin:20160625213553j:plain

 

生姜ごはんと鱧つけ焼き。じゅんさいのお吸い物。

f:id:nankyoku_30nin:20160625213605j:plain

果物の寒天寄せで締めとなりました。

f:id:nankyoku_30nin:20160625213619j:plain

 

椀物と焼き物は熱いうちにいただこうとして写真を撮りそこねました。

 

このミッドウィンターのディナーは、調理隊員が得意の洋食・和食の渾身の一食を、国内にいるころから準備して、調理していただけるものです。しらせが日本を出てから7か月がすぎて、食材もほぼすべて冷凍ものになっているのですが、さすがのあじわいで、南極越冬のすてきな思い出になりました。