世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

青空と星空

”極夜”とはいっても、ずっと真っ暗なわけではありません。今年は晴れの日がすくない6月の昭和基地ですが、25日はひさしぶりに青空が見えました。

f:id:nankyoku_30nin:20160627024511j:plain

冬至の4日後の、お昼の12時半ごろ。太陽がいちばん昇っている時間です。

明るいところをクローズアップしました。角度にすると2度くらい、水平線よりも下にお日さまがあるはずです。

f:id:nankyoku_30nin:20160627024938j:plain

 

夜にはきれいな星空がひろがりました。午後5時過ぎの写真です。

f:id:nankyoku_30nin:20160627025058j:plain

空が晴れあがっていると、気温は下がります。寒くて長くは居られなくて、数枚撮影して建物に戻りました。マイナス27.4度まで冷えたそうです。