読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

排水をきれいにするために

19日は環境保全当番。この写真のまんなか奥の白い箱、グリストラップの清掃をしました。

f:id:nankyoku_30nin:20160720061344j:plain

グリストラップとは、厨房からの排水に含まれている油分を貯める装置です。

 その中身は…あまり綺麗なものではないので、小さな写真で。

f:id:nankyoku_30nin:20160720061942j:plain

昭和基地では毎週火曜日と金曜日に当番が掃除することになっています。

仕事は

・ゴミを取るネットを交換する。

・浮いている油分をすくって生ごみとして捨てる。

・パイプや仕切り板などのまわりをきれいに掃除する。

興味のある方はこちらをごらんください。

店舗で出来るグリストラップの清掃方法をまとめてみました - めんテナ

 

f:id:nankyoku_30nin:20160720061322j:plain

グリストラップを通り抜けた水は「汚水処理棟」という、汚水処理専用の建物できれいになってから、海に排出されます。

けっこう厳しい臭いのなかで、べたべたになった手袋をつけての作業は愉快なものではありませんが、これも南極で暮らしていくために必要な仕事のひとつです。