世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

再生可能エネルギー・風力発電

昭和基地には大きな風力発電装置が二つ、あります。f:id:nankyoku_30nin:20160722052826j:plain

最大出力は一台で20キロワットです。昭和基地のメインの電源であるディーゼル発電機の最大出力は300キロワットですから、その一割くらいをカバーできる…というわけにはいかないです。風力発電は風が弱すぎても強すぎても発電量が減ってしまうので、安定した電源としては計算出来ないそうです。

 

アップにするとこんな感じ。はねが4枚ついています。高さは約13メートル、3階だての建物くらいの高さです。

f:id:nankyoku_30nin:20160722052926j:plain

このような縦の軸で回転する風車だと、どちらから風が吹いても同じように回るし、風が弱くても回りやすいのだそうです。

 

お日さまが出るようになって、太陽光発電も使えるようになってきましたが、極夜のあいだは電力の貴重なアシスト役としてがんばってくれました。もちろん、これから夏に向けても、ディーゼル発電機の負担と燃料の使用量をへらすため、期待がかかります。