世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

南極の写真で日本の夏を思う

31日が締め切りの、今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」に応募してみましょう。

といっても、"2016夏"らしい写真なんてあったかしら、とあらためて探してみました。

8月12日付の記事で紹介したペルセウス座流星群です。

f:id:nankyoku_30nin:20160831050806j:plain

 

ためしにモノクロームで仕上げてみました。

f:id:nankyoku_30nin:20160831050851j:plain

 「流れ星」は、歳時記では秋の季語に分類されているそうです。一年でいちばんたくさん流れるペルセウス座流星群のピークが、立秋を過ぎた8月12日ごろだからだとおもいます。高校生のころ、暑い中、たんぼの脇を自転車を踏んで見に行ったものです。

 

応募票らしきものも書いてみました。

カメラ Nikon D3300
レンズ SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
ISO 6400
絞り f3.2
露出時間 30秒
撮影日時 8月12日 午前4時30分
場所 南極昭和基地