読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

ドラム缶をそりに積む

南極にはガソリンスタンドはありません。内陸へ旅するときの燃料は、自分でもっていくか、あらかじめ定められた場所に保管してあるものを使います。いずれにせよ、軽油のドラム缶を積んだそりを雪上車で牽いて持っていく必要があります。

大陸から持ち帰ったそり、昭和基地で掘り出したそりなど、必要に応じて修理します。

f:id:nankyoku_30nin:20160903060804j:plain

 

使えるようになったそりが20台近くならべられています。これに、燃料の入ったドラム缶を積み込んでいきます。

f:id:nankyoku_30nin:20160903050420j:plain

燃料は極寒の中でも凍らないように調整された、「南極軽油」というものを主に使います。ドラム缶も国内で見るよりも頑丈なものです。

f:id:nankyoku_30nin:20160903060854j:plain

一つのそりに200リットル入りの缶が12個、積まれています。自分たちが使うものだけでなく、来年以降の行動に必要な燃料も、大陸に運びこむ予定です。

 

Providing "tankers" for Antarctic travelings at Syowa station on September 2, 2016 - Spherical Image - RICOH THETA