世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

暈と幻日

日の午後2時半ごろ、太陽に丸い虹がかかっていました。

暈(かさ)と呼ばれるものです。太陽を囲むような輪ができることもあるようですが、この日は上半分が雲に入ってしまいました。

f:id:nankyoku_30nin:20160906054623j:plain

太陽の両脇で、少し明るくなっているところは幻日(げんじつ)とよばれるものです。

魚眼レンズで撮るとこんな感じ。

f:id:nankyoku_30nin:20160906054606j:plain

暈も幻日も、日本でも条件が良ければ見ることができますが、南極では国内よりもチャンスが多いようです。「暈が出来ると雨が降る」といわれます。昭和基地では、夜には風弱く、しんしんと降る雪になりました。

 

昼が長くなってきたので、5日の月曜日から昭和基地は夏日課になりました。朝ごはんと始業が一時間早くなります。オーロラや星空はだんだん見づらくなってきますが、太陽もなかなか興味深い現象を見せてくれます。