読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

二重丸の日暈

7日の午後1時過ぎ、マイナス21度くらいの冷え込みの中で、きれいな二重の日暈(ひがさ)が見えました。

外側の暈がこれだけはっきり見えるのは、南極でも珍しいです。

f:id:nankyoku_30nin:20160907195323j:plain

 

アンテナで太陽を隠して撮ってみました。

f:id:nankyoku_30nin:20160907195348j:plain

日暈の他にもいろいろな光学現象が写っています。

f:id:nankyoku_30nin:20160907195650j:plain

環天頂アーク、タンジェントアークといった現象の位置関係は、このサイトを参考にしました。

空の輝き:空と太陽に関わる現象(環天頂アーク、環水平アーク、タンジェントアーク、内暈(かさ)、幻日、光環、彩雲、虹、気象光学)