世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

氷の割れ目を見下ろして

丘の上から海を見たところです。海上に細い三本の線が見えるでしょうか?

f:id:nankyoku_30nin:20160922163816j:plain

 

海岸線に沿って割れ目が出来ています。海の氷が潮の満ち引きによって上下に動くと、動かない陸との間に割れ目ができます。タイドクラック、といいます。

f:id:nankyoku_30nin:20160922163839j:plain

 

近くに寄ってみると、こんな感じです。

f:id:nankyoku_30nin:20160922165431j:plain

またいで越せそうに見えますが、割れ目のまわりの下に空洞ができていることもあります。踏み抜くと、数メートル下まで落ちてしまうかもしれません。青い旗は、警戒エリアを示す標識です。

南極の海氷は頑丈に見えますが、その上での行動には危険が伴います。基地から海に出るときには、かならず通信室に無線で連絡することになっています。