世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

ぽかぽか陽気の日曜日

6日の日曜日、ひさしぶりに晴天の休日になりました。積雪状況のチェックを兼ねて、アンテナまわりを散歩してきました。

f:id:nankyoku_30nin:20161106233300j:plain

気温はマイナス5度くらい。ちょっと歩くと汗ばむ陽気です。

 

下の写真、手前に見えるのは「みどり池」と名付けられている池です。表面の氷が顔をだして光っています。

f:id:nankyoku_30nin:20161106233333j:plain

みどり池の向こうにみえる岩がラングホブデです。昭和基地から南へ20キロメートルくらいのところにあります。

f:id:nankyoku_30nin:20161106233352j:plain

一番高いところが、標高378メートルの長頭山です。昭和基地から日帰りできるので、一度は登ってみたいものです。

 

しかし、長頭山にみどり池、ほかにじゃがいも池、なんてのもあります。南極観測史初期のころの先輩たちは、安直ななまえを付けたものですなあ。

 

この日は1万4千歩あまり、歩きました。