読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

南極クラス 【代理人投稿】

11月11日(金)しらせが出港しましたね。このニュースにルンルンしました。だって、出港したということは、ご本人を乗せて帰ってくるのですよ!帰国の話ができるのですよ。

でも冷静になると、出発したのは飛行機ではなく、船です。船であるしらせが南極に着くのはクリスマスの頃、ご本人を乗せて南極を出発するのは来年の2月中旬。隊員が帰国するのは、3月下旬。しらせが日本に戻るのは4月中旬。すべて順調にいけば、という話ですけどね。

これをもうすぐと思うのか、まだまだと思うのかは個人の判断とさせていただきます。

 

それはさておき、記念すべきしらせ出港の日に、元越冬隊員の講演をみつけたので、行ってきました。

 

eco.misawa.co.jp

 

ミサワホームの元越冬隊員によるお話しでした。

南極大陸は日本の37倍の大きさであること、南極の歴史(第二次世界大戦後、復興の証が南極観測であったこと)、南極観測から地球の環境の変化がわかること、などなど知らないことをたくさん教えてもらいました。

南極ではシャボン玉がわれないという動画が面白かったなぁ。

 

講演された方はご本人と直接関係があった隊の方ではなかったのですが、講演後話しかけてみました。

南極って、不思議ですね。相手が南極関係者・南極好きだとわかると、話しが出るわ、出るわ~。

第57次隊帰国の際に、空港でお逢いしましょう!ということになりました。

 

ルンルンした一日でした!