読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

飛行機を間近で

12日朝、ドロムラン航空網の昭和基地への第2便がやってきました。第一便は基地内で飛行機を眺めていましたが、今回は支援メンバーとして海氷滑走路に出かけました。

 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

午前8時19分に着陸予定との連絡があり、7時まえに基地を出発。目印の旗を点検して、滑走路を雪上車でならします。

車内でカップ麺の朝食のあと、予定より少し遅れて飛行機がやってきました。

f:id:nankyoku_30nin:20161112211709j:plain

 

着陸したら給油作業。ドラム缶8本、1600リットルです。

f:id:nankyoku_30nin:20161112211740j:plain

給油している間に、ちょっと中を見せてもらいました。ちゃんとした椅子があって、かつて南鳥島へ出張するときに乗った自衛隊の輸送機よりは快適そうに見えます。ただ、トイレがないみたい…。

f:id:nankyoku_30nin:20161112211910j:plain

今回は昭和基地あての荷物はなく、燃料補給が終わったら早々に飛び立っていきました。

f:id:nankyoku_30nin:20161112212100j:plain