読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

11月のごはん

越冬生活はのこり2か月になりました。11月のごはんをいくつか紹介しましょう。

f:id:nankyoku_30nin:20161130010630j:plain

朝ごはんは7時から。晴れていれば、雪の照り返しもあって、外はまぶしいくらいです。

 

お昼ごはんに人気のラーメン。この日はトマトととりささみを添えたあっさり風。

f:id:nankyoku_30nin:20161130010723j:plain

 

こちらは三食丼、ミニうどんもついて、がっつりのおひるです。卵は牛乳のようなパックに入って冷凍したものがあります。

f:id:nankyoku_30nin:20161130010737j:plain

 

南極は秋ではないのですが、さんまの塩焼きを見ると季節を感じます。

f:id:nankyoku_30nin:20161130010749j:plain

 

肉も魚もおいしいけれど、やっぱり野菜は欲しくなります。オングルファームが出荷するもやしのおひたしと、生春巻きの緑がうれしい。

f:id:nankyoku_30nin:20161130012239j:plain

12月下旬には南極観測船「しらせ」が58次隊といっしょに食料を積んでやってきます。今は在庫をあまり気にせずに食材を使えるとのことで、ごはんの質、量ともに充実しています。