世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

「しらせ」が来る前に

2日、南極観測船「しらせ」が58次観測隊員を乗せて、オーストラリアを出航しました。

一方、昭和基地はひさしぶりに快晴で、あたらしい積雪の上に砂撒きに行ってきました。

f:id:nankyoku_30nin:20161203034537j:plain

実に原始的な作業です。腰痛ベルトをしっかり巻いておかないと、あとで辛い思いをします。

 

まばらでもいいからまんべんなく撒いて、太陽のチカラに期待します。

f:id:nankyoku_30nin:20161203034734j:plain

 

もちろん、重機による雪かきも絶え間なく続いています。これは重さ11トンの大型雪上車。

f:id:nankyoku_30nin:20161203034559j:plain

 

「しらせ」積荷のコンテナを陸あげする地点へ続く道路です。

f:id:nankyoku_30nin:20161203034620j:plain

58次隊が到着するまでに、この道をトラックが走れるようにしておかないといけません。

一年間の越冬生活の終盤に、つぎの一年へつなげるための仕事を、一生懸命やっています。