世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

引越しの準備・無人オーロラ観測装置

 今年の1月に、昭和基地に設置した無人オーロラ観測装置。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

> 一年間、昭和基地内でテストして、調子が良ければ人里離れたところに移設する

> 計画があります。来年、ぼくらが昭和基地からの帰りにやるのかなあ。

 と書いたのですが、やっぱりやることになりました。


 南極観測船「しらせ」の帰り道にアムンゼン湾というところを通ります。そのときにヘリコプターで南極大陸に飛んで、一年間テストしたこの観測装置を設置してくることになりました。

 

そのときに手伝いをお願いしている隊員といっしょに解体作業をしてきました。

風力発電装置を撤去しています。

f:id:nankyoku_30nin:20161216031307j:plain

 

再設置するときにまごつかないように、手順を確認しながら分解していきます。

f:id:nankyoku_30nin:20161216031441j:plain

 

移設したら最短でも一年近く、放置されます。昭和基地のひと冬の間に動作を確認して、駄目だしはできているはずですが。

f:id:nankyoku_30nin:20161216031557j:plain

このあと、航海中に取り出せるように部品をまとめて、船に積めるように準備します。

越冬が終わって「しらせ」に乗ってからも、もうひとつ仕事が待っています。