読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

夏の宿舎の準備

58次隊の受け入れ準備がかなりすすんできました。16日は、ゴムの排水管を夏宿舎から繋いでいく作業をしました。

f:id:nankyoku_30nin:20161217171126j:plain

なにしろ日が暮れませんから、夜8時からの残業でも明るい中で作業できます。

 

翌日は、太陽熱給水器の準備を手伝いました。 

f:id:nankyoku_30nin:20161217234541j:plain

冬の間、管が割れないようにつけていたプラスチックのカバーをすべて外す作業です。

こんな台が3つあります。少人数でやるとうんざりする作業なので、「手のあいてる人は来てください!」と無線が入りました。

f:id:nankyoku_30nin:20161217234856j:plain

 第一夏宿舎はこんな感じのところです。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

nankyoku-30nin.hatenablog.com

  

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

第二夏宿舎では、暖房用の燃料が搬入されていました。

f:id:nankyoku_30nin:20161217234557j:plain

 第二夏宿舎は、越冬交代まで住んでいたところでした。そのころの記事はこちら。

 夏宿舎の準備ができていないと、来た人たちの寝る場所がないのです。半日でも一時間でも手伝える人は出てきてほしい、と言われています。