世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

すべてを持ち帰るために

帰る日が近づいて、掃除をしているとごみがでてきます。燃やせるものは灰にして持ち帰るため、焼却炉はフル稼働中。

f:id:nankyoku_30nin:20161221133236j:plain

 ごみは、基本的にはすべて持ち帰ります。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 このコンテナに詰まっているふくろには、プラスチック、アルミ缶、スチール缶などが分別・圧縮されて入っています。

f:id:nankyoku_30nin:20161221133255j:plain

資材の輸送に使ったあとの、空いた コンテナを使います。10キロから20キロの袋を押し込んでいくのはかなりの重労働です。ちゃんと詰めないと、ごみ袋が雪崩のようにおしよせてきます。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 古いベニヤ板、木くずもコンテナに入れて持ち帰ります。

f:id:nankyoku_30nin:20161221133308j:plain

 

ミニブルドーザです。測ったようにすっぽりと収まっていて、ちょっとたのしい。

f:id:nankyoku_30nin:20161221133322j:plain