読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

発電機分解中

昭和基地の電力を支える発電機のオーバーホール作業が始まりました。2台ある発電機のうち、左側のもの(写真中央の、うすいシートがかけられたもの)が分解されています。

f:id:nankyoku_30nin:20170105115732j:plain

 

ばらした部品はきれいに並べられていました。掃除して、もう一度組み立てられます。わたしがやったら、部品の1つや2つは無くしそうです(笑)。

f:id:nankyoku_30nin:20170105115900j:plain

 

オーバーホール作業中、怖いのは停電です。こんなふうにされたエンジンは、すぐに動かすことはできません。 

f:id:nankyoku_30nin:20170105115819j:plain

普段は1台が発電、もう1台は待機しているので、なにかあったらもう一方の発電機に切り替えれば電気が作れます。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

でも、いまはスタンバイしている発電機がありません。停電したら、トラブルを解消しないと電力供給が始まらない。

太陽光や風力の発電施設もありますが、これらでは基地の電力をカバーできないので、半日くらいは停電が続くのを覚悟しないといけません。

 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

  

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

越冬が始まって11カ月あまり、これまで停電がなかったことに感謝しつつ、あと4週間、無事にすごしたいものです。