世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

南極の燃料事情

7日に「しらせ」から運ばれてきた、リキッドコンテナという液体を入れるコンテナです。

f:id:nankyoku_30nin:20170107220623j:plain

このなかには、寒くなっても使える軽油が入っています。おもに雪上車の燃料に使われます。

f:id:nankyoku_30nin:20170107220722j:plain

 

軽油に比べると少ないのですが、ガソリンもドラム缶で持ち込まれます。

レギュラーガソリンと表示してありますが、ハイオクガソリンはまだ見たことがありません(笑)。

f:id:nankyoku_30nin:20170107220806j:plain

ガソリンは、スノーモービルや持ち運びできる小型の発電機に使われていました。

 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

そして、今回持ち込まれたあたらしいガソリン使用車がひとつ。軽トラックがコンテナに入ってやってきました。

f:id:nankyoku_30nin:20170107221016j:plain

南極で見る軽トラ。すごく新鮮な感じです。