世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

半分の月が昇る空

18日の夜11時半ごろ、もう寝ようかな、と思ってふと外を見ると、南極大陸の上に月が見えました。

f:id:nankyoku_30nin:20170120120311j:plain

大陸の縁だけが照らされています。

 

この時の太陽の高さは角度にして1.3度くらい。地平線ギリギリです。

お日さまは、巻雲をオレンジ色に染めていました。

f:id:nankyoku_30nin:20170120120209j:plain

夕焼け空ではありますが、暗くはならずに、次の日に続いていきます。

それでも、白夜も終わりが近づいて、午前0時近くには宵の気配が漂うようになりました。

反対側、北側の水平線(氷平線?)の上は紫色に。

f:id:nankyoku_30nin:20170120120247j:plain

21日、午前0時3分に太陽が地平線の下に隠れて、白夜が終わります。

もうすぐ夜が来る。