読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

なごり雪

29日は朝から風が強く、午後には吹雪になって、外出注意令が出ました。30日の朝には、うっすらと雪が積もっていました。

f:id:nankyoku_30nin:20170130114752j:plain

 

越冬交代式が行われる一九広場(19次隊が整備したのでこう呼ばれている)も雪化粧。

f:id:nankyoku_30nin:20170130114820j:plain

1月31日に越冬生活を終え、2月1日に越冬交代です。

 

29日は昭和基地開設60周年記念日でした。昭和基地では朝から8時すぎから極地研究所イベント「南極まつり」、10時半ごろから国会議員、関係企業、南極観測OBなどの方々との記念式典で、テレビ会議システムによる中継がありましたが、荒天のため、屋外からの中継は中止になってしまいました。

f:id:nankyoku_30nin:20170130115254j:plain

昭和基地で見る雪はこれが最後になるかな?と思っていたのですが、天気予報では2月1日から2日にかけて、次の悪天が予想されています。

南極の夏も、終わりが近い。