読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

夏宿舎で停滞

2月1日のお昼前には、わたしたち57次隊は第一夏宿舎に移りました。30人の元・越冬隊員のうち、18人はしばらく残って基地の仕事を手伝い、12人は「しらせ」に移動することになっていましたが、強風と雪のためヘリコプターが飛べないため、みんな夏宿舎で待機することになりました。

風雪は強まって夕食前には外出注意令が出ました。58次隊のみなさんは越冬初日からの悪天で、試練のスタートになってしまいました。

2月2日の朝、夏宿舎から見た雪景色です。

f:id:nankyoku_30nin:20170203105508j:plain

私の滞在した第一夏宿舎は向かい合わせで2段ベッドの4人部屋。共有スペースも狭いのですが、内陸旅行での雪上車内の停滞に比べると、ごく快適です。

 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

57次の越冬経験者はおちついたものです。船の中で書く予定だった報告書や原稿を準備したり、思う存分お昼寝したり、私は俳句をひねったり。

f:id:nankyoku_30nin:20170203110045j:plain

一方で、給水設備のトラブルがあって、復旧のために吹雪の中に出ていった隊員もいました。おつかれさま。

 

 

夏宿舎については昨年の1月に紹介した記事をごらんください。 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

 

nankyoku-30nin.hatenablog.com