世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

「しらせ」の内訳 (代理人更新)

最近土ぼこりが気になり、洗濯物を外に干すか部屋にしておくか悩む代理人です。

あぁ春だぁ。来月の今頃は観測隊は帰国しているんだ。。。と感慨にふけるのですが、未だ帰国後の生活がイメージできません。

なにせ、第57次越冬隊の出発は2015年12月ですからね。今は2017年もうすぐ3月ですからね。長い時間が経過して、いないのが日常になっています。

さて日本に向かっているしらせの中で一番多いのは誰でしょう?答えはご本人が教えてくれました。

 

・・・・・・・・・・・・

 

意外に知られていませんが、日本から南極に行く人で、一番多いのは海上自衛隊員の方々です。

「しらせ」に乗っている人は
自衛隊員 179人
58次夏隊員・同行者 47人
57次越冬隊員 30人  です。

f:id:nankyoku_30nin:20170221050229p:plain

 

昭和基地に居る58次越冬隊員を加えても、いま南極に居る日本人の半分以上は海上自衛隊員です。

海自の方にうかがったところでは、「しらせ」勤務は人気があって倍率の高い配属先なのだそうですが、無寄港の航海としては断然長いものなので、そこはそれなりに大変、とのことでした。