世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

氷が付きました  (代理人更新)

3月3日のひな祭り。ちらし寿司でもつくってみるか、いやぁ面倒くさい・・・と平和な葛藤をしている代理人です。

 

今日の記事は氷がつくですが、日常でそんな言葉は使わないなぁ・・・。使うとしても冷蔵庫の製氷室や冷凍室がカピカピになったときくらいかなぁ・・・。南極大陸は製氷室か冷凍室かぁ・・・。

やっぱり南極って寒いんだ!

と感じた次第です。

(アホですね・・・)

 

・・・・・・・・・・・・

 

2月の末、南極大陸のケープ・ダンレーという岬の近くでの観測をしていました。
海水の温度はマイナス1度くらい。しぶきが船にかかると凍りついてしまいます。
たくさん氷がつくと、船が不安定になるので、「しらせ」乗組員による除氷作業が行われます。

f:id:nankyoku_30nin:20170301140644j:plain

晴れて風も弱い、作業にはよい日だったようですが、氷を叩き割って船外に放り出す作業はたいへんだと思います。昭和基地での除雪作業を思い出しました。